ホーム > 商品カタログ > シートレールの種類と説明

シートレールの種類と説明

スタンダードシートレール

スタンダードシートレール車種によりシングルロックタイプとダブルロックタイプになります。
(随時ダブルロックに移行中です。一部、シートによりダブルロックタイプにできないシートがあります。)

スーパーローポジションシートレール

スーパーローポジションシートレール車両の物理的要因で、どうしても社外シートを装着した場合ポジションが上がってしまう、シルビア系、スカイライン系、RX-7系に設けました。

サイド止めシートレール

サイド止めシートレールサイド止めフルバケットシート用です。(各シート専用のサイドブラケットがあります、ご注文の際は、必ずシート名をお願い致します)

スーパーダウンシートレール

STD TYPE

スーパーダウンシートレールサイド止めフルバケットシート用レール。

シートレールの間に、シート本体を落とし込むため従来の方式に比べ物理的限界までローポジションが可能です。
(シートフロント部を極限まで下げるには、シートの加工が必要になります。)

※使用可能シートは、シートメーカー及びモデルシートによって取付幅が変わります。
お手持ちのシートのサイドステー取付幅を、測定し、取付車種が装着範囲内かをお確かめください。

  • RECARO SP-GNが395幅に装着できるサイドステーが完成。
    フロント部は極限までおとせませんがリヤ部は、落とせます(HDtypeは除きます)

HD(HANDSTAND) TYPE

スーパーダウンシートレールHD室内幅が狭い車種でSTD TYPEのスーパーダウンで製作できなかったコンパクトカーや軽自動車に仕様を変更して製作しました。

車内のスペースが狭く今までハンドルセンターのズレが生じていた車種でレールを縦に使用することにより今まで以上のローポジションの実現とハンドルのズレを無くしました。
車種によりスペースの関係上ショルダー部分が干渉してしまう可能性がありますが干渉を最小限に抑える為にシートを若干傾斜して装着することも出来ます。

※STDタイプと重複する車種はありません。

純正レカロ車/インプレッサSTI用ローポジションシートレール

純正レカロ-STi用シートレール純正レカロ装着車はシートポジションが高くスポーツ走行等に不安が残ります。
このシートレールに変更すると車種により異なりますが約20~30㎜ダウンします。
たった20~30㎜ダウンという感じですが装着するとこの差が大きい事が分かって頂けると思います。
またシートレール本体にも補強を入れ高剛性を実現しレールにぐらつきを無くしスポーツ走行にも安心してご使用して頂けるように仕上げました。
取付は純正のシートに装着されているレールを外して当社のレールに交換するだけのボルトオン取付タイプです。
純正のリクライニング機能やハイト付き車はハイト機能ももちろんそのままご使用頂けます。
すべて左右共にご用意しています。
また純正レカロの流用(シビックタイプRのシートを違う車に装着したい)も可能です。
装着不可能な場合もありますのでマッチングや価格などメールにてご質問お願いいたします。

このページの先頭へ

カワイ製作所

0745-63-0356

お問い合わせ

戸締り役の開発日誌

Facebook

有限会社カワイ製作所は、シートレール・ボディ補強パーツ(ストラットタワーバー、ピラーバー、ロアアームバー、モノコックバーなど)・牽引フックなどの自動車パーツ開発・製作・販売を行っています。